ムンクの叫びを見て

  • 2018.11.19 Monday
  • 01:31

ムンク展面白かったです。

平日の午前中でも結構混んでいました。

「叫び」には行列ができていました。

 

叫び

 

ノルウェーのフィヨルドのほとりの道を歩いている時に、

自然を貫く果てしない叫びに耳を塞いでいるのだそう。

叫んでいるのは絵の人物ではない。

空の赤は血の色を表現している。

奥が深いですね...。

 

今回この絵が初来日ということも含め見どころたっぷりでした。

 

不安、孤独、絶望...とてもメランコリーな題材が多いムンクの作品ですが、

色彩やタッチは明るくて美しくて..優しい。そんな印象を受けました。

色々と不遇だった時期、その苦悩をそのまま絵に描き出すことによって、

癒されていたのでしょうか。

 

絵の中に輝きが見える、題材とのギャップが人を魅了するのかなと思いました。

 

ムンクの絵の中には

辛い思い出を吐き出し、変容してゆく力を感じました。

見る側を意識するのではなく、自分の納得ゆくまま描いていく集中力。

自分の経験をさらけ出す勇気。

多くの人々に支持される要素は沢山ありそうです。

 

人が持っているものを羨み、淀んだ人間関係に陥ってしまうと寂しい気持ちになります。

一方、自分の持っているものに意識を向け、良縁の人達への感謝を思うと温かい気持ちなリます。

 

なぜ自分にはできないのか?などと悩むよりは自分にできることに目を向けた方が幸せである。

でもそれはあえて主張する必要はない。自分が自分のことをわかってあげていればそれでいい。

 

辛いことがあっても真正面から向き合うことで、次第に気持ちも安らいでくる。

逃げるとずっと変わらない。

 

ムンクは気に入った同じ題材を何作も描いていて、考えることの大切さが伝わってきます。

全く同じものは同じ人でも描けないのです。

描くことは考えることと同じで、描くたびに新たな発見をしてゆく。

色々と教えられたような気がします。

 

ムンク展開催中の東京都美術館ミュージアムショップでは、

dimancheのクリスマスカードが沢山入荷しました。

上野にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

 

福岡のアクロス福岡ビル1Fのジュリエットレターズにも

沢山新作やクリスマスカードが入荷しております。

クリスマスイベントと一緒にお楽しみ下さい

 

横浜美術館ミュージアムショップにも入荷しております。

ここしかないdimanche商品もありますので、みなとみらいに

お越しの方、お待ちしております。

 

銀座伊東屋本店2Fでは常時dimancheカードが多数展示しております。

これから輝く銀座のイルミネーションも見にきてくださいね

 

dimancheの公式オンラインショップElledimancheでは、

新しいパラレルカードをまたUPしております。

 

そして、来年のオリジナルカレンダーを発売する予定です。

詳しくはこちらをどうぞ

 

発売決まりましたら、またお知らせ致します。

それでは..良い夢を!おやすみなさい

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

moon

ディマンシュ

OnlineShop

マンガ「ひよこブル」

dimanche instagram

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM