ゴーンガールみました

  • 2016.09.12 Monday
  • 13:19

芙蓉の花

 

昨日は「ゴーンガール」という映画を見ました。

 

良識ある人間になりすまし、自分のした罪を様々な嘘で回避して、

さらに罪を重ねてゆくサイコパスな女の人の話です。

 

ターゲットにされた人は意味も分からずに人生が狂わされてゆく...。

 

目にはみえないものを感じ取る力は大事だなと思いました。

私達の周りには危険なものが沢山あります。

それは目に見えているものだけでは決してなく...、

だから目を閉じて真実を見極める力を養う事が大切だと思いました。

 

人は言葉や行動や文章や、いくらでも真実ではないことを実際のように

簡単に示す事ができて...

でも、ところどころに..些細な行動や文字に

真実が見え隠れしているような気がします。

スローでみると丸見えなのかもしれないですね。

 

最近は「シンゴジラ」にハマって、私は3回、呆人は5回も見に行きました。

なので、早口の台詞も次第にスローに聞こえてきて、台詞を少し覚えました。

二人でよく物真似して、楽しんでいます。にこ

 

**************

お店の情報です。

 

広島駅ビル アッセ5Fのルブラックには

ディマンシュの秋のカードが沢山入荷しました。

こちらにはdimanche chichiのシールも全種類揃っております。

 

伊東屋本店2Fにもハロウィンも含む秋の商品が沢山

今週並びます。

 

 

皆様のお越しをお待ちしております。

それでは..楽しい1週間になりますように...!

 

アリスインワンダーランド

  • 2016.07.20 Wednesday
  • 23:34

IMG_1376.jpg

代官山でみつけた涼しそうな木

 

先日、夏の新作完成のお祝いに、

アリスインワンダーランド時間の旅を見てきました。

(ささやかなお祝いです)

 

前作に輪をかけて面白かったです。

アリスやハッター、そして赤の女王や白の女王..

自分の中にある強さや弱さをみているような気がしました。

 

物語に登場する其々のキャラクターに自分を投影しました。

勇敢なアリス、ハッターの優しさと弱さ..傲慢な赤の女王の悲しみ、

純粋な白の女王の鈍感さ...

登場人物達は、全ての人にある心の葛藤のようです。

 

信じなくなった時..きっと人は諦めてしまう。

だから信じる事は大切なんだと思います。

そして、大事な人を信じてあげることは

もっと大切なんだと。

 

物語には他にも忘れかけていた大切なメッセージが散りばめられています。

子猫時代のチェシャ猫がとても可愛いです。

よかったらご覧になってくださいね。にこ

 

 

今週から新作も少しずつお取り引き頂いているお店に入荷してゆきます。

岩手のhina、私の部屋花巻店、文京区の文京堂にもうすぐ入荷します

8月には様々なお店で並んでいると思いますので、

実店舗でのご購入もどうぞ宜しく御願い致します。

 

それでは、良い夜を!

ジャージーボーイズ

  • 2015.02.19 Thursday
  • 22:00
先日やっと...DVDでクリント•イーストウッド監督のジャージーボーイズを観ました。
ザ•フォーシーズンズの実話です。
「君の瞳に恋してる」は前から大好きな曲でした。誰もが一度は耳にした曲だと思います。
でもカバー曲で沢山歌われているので、本人の歌を聴いた事が無かった...
映画ではジョン•ロイド•ヤングというブロードウェイで同じフランキー•ヴァリ役を
演じていた役者がすごい歌唱力で歌い上げていて...圧巻でした...。
アマゾンですぐサントラ版を購入しました。
歌って素晴らしいですね。あの曲が生まれた秘話が盛り込められていて
感動しました。
名曲は穏やかな幸せの中からは生まれてこないのかもしれません。
とても幸せなラブソングでさえも...悲しみや苦しみがあるから幸せもあるのだと
思いました。


今日はダリアとバラを買いました。花があると、空気が違います。


みゅーくんのプロフィール

18歳(人間推定年齢88歳)
特技 鳴き声を変える 山下達郎のモノマネ
趣味 何でも匂いを嗅ぐ 未だに猫じゃらしで遊ぶ
   至る所で寝る

スフィンクス座りをよくやっている

手を枕代わりにして寝る

バタ足で泳げそうだ

そんなミュー君だが、昔バスタブの中でおしっこする癖があって、
たまたま水が入ったままのバスタブの中にダイビングした事があります。
其の時のみゅーくんの驚いた顔は一生忘れられません。。
それ以来、バスタブには一度も入っていません。


 

ゴーンガール

  • 2015.01.05 Monday
  • 10:58
昨夜は久しぶりに六本木ヒルズに映画を見に行きました。
「ゴーンガール」というサスペンスで、中々見応えがあって面白かったです。
デヴッド•フィンチャー監督の映画でベンアフレックが主役で..
期待しただけあった作品でした。

過去にみたサスペンスで面白かったものは
沢山ありますが、この作品も其の中のひとつになりそうです。
R15指定になっていた事をすっかり忘れていて、残虐なシーンに
ひぇぇ〜!とおののいてしまいましたが.....。でもそのシーンはひとつぐらいなので
大丈夫です。そう怖くはありません。
ホラー映画に見慣れている人には、物足りないくらいです。


帰りに六本木ヒルズのイルミネーションを見ました。
眺めていたら...灯りが消えかけ...色が赤に変わりました!
白と青だったのですが、突然赤い紅葉のようなイルミネーションに!!
その変わる様に感動しました。
時間によって変わるようですね。

日曜日の21時頃で、人気も少なくてムードがありました。
呆人は赤い方がいいらしく、私はどちらも好きかなぁ。
白は華やかで、赤は妖艶な雰囲気があり、色の効果はすごいなぁと
感心しました。

帰りはつるとんたんで、
今年はもっと映画を見にいけたらいいな...と思いながら
カルボナーラうどんを食べました。
映画って非日常を体験しているような気が出来ていいですね。
脳がリフレッシュされます。

今日から仕事始めの方も多いと思います。
いい一日になりますように...!

ウォルト•ディズニーの約束

  • 2014.08.27 Wednesday
  • 20:32
昨日は、兼ねてからみたかったウォルトディズニーの約束をやっと!DVDで見れました。
1964年製作のディズニー映画「メリーポピンズ」の製作秘話が描かれています。
メリーポピンズは私も小さい頃に大好きだった映画。傘をさして空を飛ぶ夢を何度みたか...
メリーポピンズの作者(トラヴァース)がこんなに気難し屋だったとは...!
でも、それは彼女の過去に辛い思い出があったからです。
彼女はディズニーが大嫌い。実は私自身も前はあまり好きじゃなかったのです。
素直じゃなかったというか...皆が好きな物を嫌いというか...そんな偏屈な若い自分がいました。
今は大好きですき 子供は素直と言いますが、年を経るにつれ素直になるパターンもあるんですね^^;

映画の中では過去にとらわれている人を不幸だと教えてくれます。
確かに...其の通り。幸せにはなれないだろう。
だけど、ウォルトもトラヴァースも過去のトラウマをチャンスに変えたのです。
過去の辛い思い出というエネルギーをポジティブにとられ、自分自身に負けなかった
ごく僅かな人達なのだと思います。
人はどうしてももう存在しないはずの過去にとらわれてしまう。そこから抜け出せる人は
ごく僅か。だからこそ、未来にポジティブに生きる事に価値があるのだと思います。



呆人が作るお好み焼きは絶品です^^ 

ひと月に1、2回程呆人がお好み焼きを作ってくれます。
私も料理は大好きなので、和食も様々、イタリアン、フレンチにエスニック迄、
沢山のレパートリーを持っていますが....
お好み焼きやたこ焼きが大好きなので、ひと月に1度は食べたくなります。
其の時だけ...呆人に料理担当でお任せしています。
今年、大阪に行った時に鶴橋のお好み焼きさん(風月)、とっても美味しかったです。
呆人にとって、そこは縁がとても深いお店です。子供時代に家族で行っていたお店です。
そこのお好み焼きは、呆人が作るお好み焼きよりおいしかった!!熱々で...感動しました!
食べながら大阪時代の話を沢山聞きました。
呆人はとても優しくて、真面目な人なのですが、彼の生い立ちを聞いて、
育ててくれたご両親に感謝しました。
お父さんもお母さんも素晴らしい方だったので、私も見習わなければならないなと思います。

それでは、週半ばですね。。。
新宿丸井本店1Fのアンプティクール、今週末で閉店となります。
お手頃価格の商品も沢山あると思いますので、是非のぞいてみて下さいね。
長い間本当に有り難うございました!

同じ丸井つながりですが...有楽町丸井8Fのitoya topdrowarでもディマンシュのカードを
取り扱っておりますので、是非お越し下さいませ。
涼しくなって来たので、お散歩がてらいらしてくださいね!
 

悲しみの中で

  • 2014.08.15 Friday
  • 12:59
IMGP3665.JPG
ウォーターバコパという水生の植物

ロビンウィリアムズが亡くなった。。
私は一時期ロビンウィリアムズがとても好きで、彼の作品は当時よく観てました。
コメディからシリアス、ヒューマン...あらゆる役をこなせて、尊敬していました。
好きな映画は「グッドウィルハンティング」そして「パッチアダムス」に「ミセスダウト」も..

チャップリン、ディカプリオ、ジャックニコルソン、ジョン•キューザック
そしてロビンウィリアムズ。私が好きな俳優の一人でした。
私に勇気を与えてくれた人でした。

シリアスな役もありましたが、優しい彼の笑顔しか思い出せません。
新しい作品はみれなくなってしまうけれど、過去の作品がより輝きを増す事を
願っています。

天国でまた沢山の人を笑顔に変えている彼の姿が思い浮かびます。
心からご冥福をお祈りします
 

GODZILLA

  • 2014.08.08 Friday
  • 09:53
IMGP3654.JPG
季節外れのモンブラン。。秋に思いを馳せて....

先日ゴジラを観に行きました。
ジュリエットビノシュがでてて、驚きました。
ショコラ以来です。彼女を初めてみた作品は「汚れた血」という映画。
未だあどけなくて、とても可愛かったです。

ゴジラは、ゴジラファンではない私でも楽しめました!
日本のゴジラを彷彿とさせる完璧な仕上がりで、ゴジラ大好きな呆人は
大興奮していました。
海を渡るゴジラの背びれが海面からでているのですが、
すっごくかっこ良かったです。映画館でみるとど迫力があります。
ゴジラのあの叫ぶ表情や声!ぞくぞくしました!
続編も決定したらしく、モスラやキングギドラも登場するらしいので
楽しみですね。
先日昔のモスラをみていたら、国会議事堂に繭を作っていました。
モスラってコロネに似てますね。「チョコモスラ食べたいな〜」って
言っていたら、呆人に静かにしてくれと怒られました....。

映画館には集団できている中年の叔父樣方とかいて、何やら楽しそうでした。
童心に返ることは大切ですね。
呆人が言っていたのですが、ゴジラが海に戻るシーンは、泳ぐんじゃなくて
歩いて入っていって、ぶくぶくぶくと沈んでいくのが本来らしく、、
そこだけ違っていたらしいが、後は日本のゴジラファンにとって、満足いく
ゴジラだったようです。
ハリウッド版をみた後、昔のゴジラをみるのも乙です。
スターウオーズをエピソード1からみて、旧作をみた時もその違和感を
楽しめました。ヨーダの変わりようが面白かった。。。

私はドラゴンボールが好きなので、今度こそ実写で満足いくのを
作って欲しいです。

では..Bon Weekend !

ギルバートグレイプ

  • 2014.07.23 Wednesday
  • 09:24
関東も梅雨明して...とても暑いです。。真夏のはじまりです。
福岡のジュリエットレターズでのフェアでは、これから秋作品も少しずつ
でてきますので、違う装いを楽しんで下さいね。

明日は金沢21世紀美術館のミュージアムショップに、また入荷致しますので
金沢の皆様、見に来て下さいね。



バレリーナ描いてみました...試行錯誤しております

先週は久しぶりにギルバートグレープをみました。
この映画は大好きで、心の浄化になるので、何度もみているのですが、
やっぱり良かったです。
私は映画や漫画に育てられたといっても過言じゃないなと思います。
精神的な色んな事を教えてくれます。
この映画は生まれ育った街や家、そして母親に縛られ自由のない人生を
送っていた青年が、ある通りすがりの女性と出会い、自分自身を
見つめ直していくお話です。
母親の死により解放され、知的障害の弟と共に街を出てゆくのですが、
ギルバート役はジョニーデップで弟役はディカプリオで
ディカプリオの演技がすごいです。この二人の初期の演技にハマります。

呆人がラッセ監督の作品は火事になることが多いと、気づきました。
この作品もそうなのですが、様々なシーンで色んな作品に火事が起こります。
でもその火事で好転するのです。荒治療というか、、
縛られたものを焼き尽くすという意味なのか。。そこにあるから縛られる。
いざ無くなってみて、初めてもっと大切な事に気づく。
新しいものが生まれてくると思います。人って変わっていかなければならないんですよね。
変わるのは怖いから、今の自分にしがみついてしまうけれど、
でも変わる時は何かの衝撃で一瞬で訪れると思います。
其の為に日頃から努力しなければならない...と思うのですが..
中々難しいですね ^^;

それでは、今日も良い一日を!





 

グレートギャツビー

  • 2014.06.28 Saturday
  • 23:47
久しぶりに昨夜、ディカプリオの映画をみました。
グレート•ギャツビー。フィッツジェラルドの小説。
監督はバズ•ラーマンで、1920年代を現代的な演出で
惹き付けられたまま、あっという間に見終わりました。
ロミオ&ジュリエットの時のようなディカプリオが久しぶりに
みれて嬉しかったです。
トビー•マグワイアがニックという役でているのですが、穏やかな好青年で
サイダーハウスルールの時の雰囲気を思いだして、
久しぶりにみたくなり、今日借りて見ました。
いい映画は年を重ねても変わらずにいいものですね。
ラッセ•ハルストレム監督の映画は、過去にとらわれない心を植え付けてくれます。
前に進んでいく大切さや自分を信じる事をいつも教えてくれます。

IMGP3614.JPG
ミュー君、君も前に進んでいるね

先ほど、すべらない話を見て、笑いで免疫力をつけました。
笑うのって大切ですね。
皆さまの未来が笑顔でいっぱいでありますように。。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

sky

ディマンシュ

OnlineShop

マンガ「ひよこブル」

dimanche instagram

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM